岩田コーポレーション 日韓シンボル商品として" /> 岩田コーポレーション 日韓シンボル商品として / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

韓国産高麗人参を使用した新商品を発売
 岩田コーポレーション 日韓シンボル商品として

菓子製造の岩田コーポレーション(熊本市北区和泉町、岩田英志社長)は10月から、韓国産の高麗人参を使ったゴマせんべいの販売を開始する。
同商品は韓国の安城(アンソン)市の依頼で開発したもので、同市や地元のアシアナ航空も日韓親善のシンボル商品として販促に協力するもの。同社の製品「胡麻太鼓」をベースに粉末の高麗人参の分量を抑え、胡麻の香ばしさを生かした商品でパッケージにはくまモンや韓国の伝統芸能「ナムサダン」をデザインし、両国の観光もPRしていくという。価格は黒・白ゴマの計8枚入りで1080円。初年度は1万箱の販売を目指す。
岩田社長は「食を通じて両国友好の橋渡しに貢献していきたい」と話している。 (横山)
週刊経済:2014年9月23日発行 No.1792

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから