岩田コーポレーション 黒糖やいりこ味など4種類" /> 岩田コーポレーション 黒糖やいりこ味など4種類 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県産素材を使用したせんべいを発売
 岩田コーポレーション 黒糖やいりこ味など4種類

菓子製造の岩田コーポレーション(熊本市和泉町、岩田英志社長)は3月中旬、熊本県産材を使用したせんべいを発売した。
九州新幹線の全線開業に合わせ発売したもので、県産の大豆や落花生、アーモンドを粉砕し水あめで絡めたせんべい。名称は「まるごと大豆くいなっせ」。賞味期限は常温4カ月。味は、沖縄県産の黒糖を使用した「黒糖味」や天草産のいりこを使用した「いりこ味」のほか熊本県産のしょうがを使用した「生姜味」などの4種類。
自社工場で焙煎した大豆の風味や、軽い食感が特徴。「桜の馬場城彩苑」や「フレスタ熊本」内にオープンした同社運営の菓子販売店「あんたがたどこさ肥後もっこす本舗」やネットで販売。初年度は同商品で売り上げ7千万円程度を目指す。
岩田社長は「自然と健康、そしておいしさを追求した新商品をPRしていきたい」と話している。 (渡邉)
週刊経済:2011年5月10日発行 No.1621

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから