岩田コーポレーション 原料は県果実連に依頼" /> 岩田コーポレーション 原料は県果実連に依頼 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

スイカを使用したあめを発売
 岩田コーポレーション 原料は県果実連に依頼

菓子製造、販売の岩田コーポレーション(熊本市和泉町、岩田英志社長)はこのほど、熊本県産のスイカを使用したあめを発売した。
スイカの果汁をペースト状に仕上げ、あめに練りこんだ商品。名称は「まるごとスイカ飴」。県の「農商工連携100選」に選定された同社販売のジャム「まるごとスイカ」を使用した。原料のスイカは安定供給を確保するため県果実連に依頼。県産のものを使用しており、リコピンやシトルリンなどを含んでいる。癖のないさわやかな香りが特徴という。内容は100グラム入りで210円。同社運営の通信販売サイト「健康宅配便」や店舗などで販売し、年間で20万袋の販売を目指す。
岩田社長は「自然の素材、おいしさを損なわず、そのまま商品にしました。スイカの成分は、体内の活性酸素を取り除き、血液を改善するといわれており動脈硬化やがんなどの予防に期待できます」と話している。 (渡邉)
週刊経済:2010年7月13日発行 No.1581

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから