熊本トヨタ自動車 新車販売が好調" /> 熊本トヨタ自動車 新車販売が好調 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

売上高は19・1%増の123億2200万円
 熊本トヨタ自動車 新車販売が好調

熊本トヨタ自動車梶i熊本市南区日吉2丁目、與縄義昭社長)の2013年3月期決算は、売上高が前期比19・1%増の123億2200万円、経常利益は同88・9%増の3億1400万円で増収増益となった。
新車販売は、新エコカー補助金制度の下支えもあり、アクアを中心にハイブリッド車の販売が好調に推移、昨年12月発売の新型クラウンも好調で1―3月で販売台数197台と計画を上回り、今期決算に貢献した。中古車販売は小売、卸の台数が増え、サービス部門の売り上げはほぼ前年並みだった。当期利益は35・9%増の1億8400万円。
役員人事では、6月1日付で與縄英二代表取締役専務が非常勤取締役に退いた。これに伴い兼務していた関連会社の熊本トヨタサービス梶i熊本市南区日吉2丁目)、潟Wェームスケイティ(同区野田3丁目)の社長を退任し、2社の新社長に井原宏熊本トヨタ自動車鰹務が就任した。 (櫻木)
週刊経済:2013年6月25日発行 No.1729

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから