トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

八代市松崎町にモデルハウスをオープン
 松栄住宅

総合建設業の松栄住宅梶i熊本市南区田迎1丁目、木村秀雄社長)は1月30日、八代市松崎町潮吹にパナソニックの「テクノストラクチャー工法」を用いたモデルハウスをオープンした。
場所は松高小学校西側で、同社が販売している7区画の分譲地内。敷地面積は201u。建物は木造2階建て、延べ床面積は108u。1階がリビング、ダイニング、キッチン、2階は寝室、洋室、バルコニー。「テクノストラクチャー工法」は、梁(はり)に鉄骨を使用した造りで、耐震性に優れているという。営業時間は土曜、日曜の午前10時〜午後5時まで。
同社は「モデルハウスのコンセプトはスタイリッシュモダン≠ナ、白と黒を基調とした色合いが特徴。室内には取り外し可能な壁を設けたことで、間取りの変更も可能」と話している。
同社は1985(昭和60)年設立。資本金は5千万円。従業員数は29人。「テクノストラクチャー工法」を用いた住宅設計・施工、販売を主業務とし、県内を中心にモデルハウスを展開している。グループ会社に松栄パナホーム熊本、給繽B松栄産業がある。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年3月2日発行 No.417

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから