トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県産や九州産の青果通販サイトを開設
 フレッシュ工房 「肥の国彩菜」ブランドで

藤本物産(熊本市西区田崎町、藤本健介社長)のグループ会社潟tレッシュ工房は6月1日、青果物の通信販売サイトを立ち上げ、運営を開始した。
「肥の国彩菜(ひのくにさいさい)」のブランドで、旬の県産を中心とした九州の野菜や果物を販売するもの。「キレイと健康は熊本から」をコンセプトに、通信販売を通じて青果に関する情報を発信し生産者、消費者をつなぐ場として位置付け展開していく。
サイト内の商品をクリックすると商品の詳細案内が表示され、食べることによる効果なども紹介している。6月はスイカやメロン、マンゴーのほか、野菜セットやフルーツ詰め合わせなども販売している。
藤本泰弘専務は「日常の生活で野菜や果物が不足がちな方などに手軽にご利用いただきたい。併せて改めて地域の旬の青果の素晴らしさを知っていただき、一次産業の活性化にも寄与できれば」と抱負を話した。 (横山全)
週刊経済:2012年6月19日発行 No.1677

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから