白鷺電気工業 緑化助成制度第1号認定" /> 白鷺電気工業 緑化助成制度第1号認定 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

本社の屋上を芝生などで緑化
 白鷺電気工業 緑化助成制度第1号認定

熊本市石原1丁目の白鷺電気工業梶i沼田吉輝社長)はこのほど、同本社の屋上緑化を実施した。
これは屋上緑化を通して環境に対する企業の取り組みや社会貢献などCSR(環境経営)活動の一環として実施したもので、今年度からスタートした「くまもと緑・景観協働機構」(松永卓会長、事務局・熊本県都市計画課内)による緑化助成制度の第1号助成事業に認定を受けた。緑化面積は250uで自社で施工。総事業費は約250万円で100万円が助成金となっている。緑化スペースには防水・かん水施設を取り入れるとともに、「エコ・ペタン」といわれるシラスのブロックなどを配置し上部には天然芝を敷き詰めている。また、10uの2ブロックの花壇も設け、パンジー、ビオラやイチゴ、サニーレタスなどの栽培も始めた。
同社の木本政治取締役経営計画推進室室長は「屋上には太陽光発電パネルも設置していますが、緑化することでさらに省エネ効果も高められると考えています。今後も環境への配慮には積極的に取り組んでいきます」と話している。 (園田)

週刊経済:2009年2月24日発行 No.1513

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから