明和不動産 売買仲介とリフォームを一本化
" /> 明和不動産 売買仲介とリフォームを一本化
/ くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

白川小近くに中古住宅専門店をプレオープン
 明和不動産 売買仲介とリフォームを一本化

 総合不動産業の明和不動産(熊本市中央区辛島町、川口圭介社長)は12月13日、同区大江4丁目に中古住宅専門店「ガラット」をプレオープンした。グランドオープンは2015年1月10日。
 同社の新規事業としてプレオープンしたもの。場所は熊本市消防局近くで、白川小学校南側。敷地面積は約990u、建物は平屋建てで床面積は149u。同店では中古マンションや中古一戸建ての物件情報を提供。相談コーナーや中古住宅の水回りなどリフォーム前の状態の再現、玄関から床や壁、照明、風呂、トイレ、洗面台、キッチンなどの水回り関係を含め、室内全体のリフォーム後のプレミアムなモデルルーム(総額700万円相当)を設けている。各商品類には価格を付けるとともに月々の支払額も明示している。また、280万円パック、350万円パック、450万円パックなど組み合わせたパック商品なども用意し、顧客の予算に対応できるようにしている。今回のリフォーム商品類はリクシルで用意したが、今後はリフォームの要望に応じられるように各メーカー分も説明ができるようにするという。
 社員は浦田敏秀支店長以下3人でスタート、営業時間は午前10時から午後7時まで。定休日は毎週水曜日と隔週火曜日。
 浦田支店長は「当社の売買仲介の窓口とリフォームの提案から工事、引き渡しを一つの窓口に一本化することで、ワンストップ型の店舗となる。さらにリフォームローンも住宅ローンに取り込むことでリフォームローンの金利抑制効果などのアドバイスを行うことで、中古住宅購入者の要望に応じることが可能になった」と話している。(園田)
週刊経済:2015年1月4日発行 No.1806

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから