トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

12月1日に旧緩和ケア病棟を改装オープン
 合志第一病院 緩和ケアを行う一般病棟に変更

特別医療法人萬生会(熊本市田迎町、河北誠理事長)運営の合志第一病院(合志市御代志、坂本泰雄院長)は12月1日、旧緩和ケア(ホスピス)病棟をリニューアルオープンする。
昨年から休止している緩和ケア病棟を改装し、緩和ケアを行う一般病棟として再スタートするもの。新病棟は同病院新館の3階。22床のうち半数は2人部屋だったが、すべて個室に改装。床材や壁紙を全面的に張り替えたほか、家族が泊まることができる和室などを設けた。また、フロア中央に薪ストーブを設置。屋上には庭園を造り、より日常に近い生活を送れるよう配慮したという。
同病院では「北欧風のデザインで落ち着いた療養環境を提供するとともに、家庭に近い温かな雰囲気の病棟にリニューアルした。将来的には緩和ケア病棟の再開を目指したい」と話している。
同病院は1977(昭和52)年に西合志病院として開設。1999年に県下で2番目となる緩和ケア病棟を設置、2010年10月に合志第一病院に改称した。診療科目は内科と神経内科、リハビリテーション科、皮膚科。病床数は132床。グループに熊本第一病院(熊本市田迎町)などがある。 (佐藤奈)
週刊経済:2011年11月1日発行 No.1646

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから