KDS菊池自動車学校 1月15日に調印式
" /> KDS菊池自動車学校 1月15日に調印式
/ くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

菊池署にドライブレコーダーの記録データ提供
 KDS菊池自動車学校 1月15日に調印式

 KDS菊池自動車学校(菊池市木柑子、永田佳子社長)は1月、同校で取り扱う車両全てにドライブレコーダーを導入、菊池署に記録データの提供をする協定を結んだ。
 職員の教習技術や教習生の交通安全意識の向上、事件事故時の情報提供を目的に導入したもの。同校の教習車30台、送迎車10台、営業車2台の合計42台にドライブレコーダーを搭載した。またドライブレコーダーの記録データを、有事の際に菊池署に提供する協定を結んだ。同協定は菊池署では初めて。
 姉妹校のKDS熊本ドライビングスクール(熊本市北区楠6丁目)でも、教習車39台、送迎車11台、営業車2台の計52台にドライブレコーダーを導入。熊本北署と同様の協定を結んだ。
永田社長は「職員の教習技術の向上や教習生の交通安全意識の向上および交通事故防止、さらには高齢者講習や各種交通安全教室などの充実を図っていく。安全・安心な熊本の構築を目指して、日々治安の維持に努められる警察署の皆さんのお役に少しでも立ちたい」と話している。(藺牟田)
週刊経済:2015年2月3日発行 No.1810

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから