KIS 海外戦略の一環" /> KIS 海外戦略の一環 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

スマートテレビ向けソフト開発を本格化
 KIS 海外戦略の一環

熊本市南区幸田1丁目のソフト開発・KIS(野田正昭社長)は、スマートテレビ向けソフト、サービスの開発を今後本格化する。
同社が掲げる海外戦略の一環として取り組むもので、既に世界で数億台が普及しているスマートテレビの、ネット端末としての活用の広がりを見越し、ソフト開発をはじめ各種商品開発を積極的に進めていく。同社では既にデジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影した画像を、ネット環境を介してテレビ画面に映し出すデジタルフォトフレーム対応ソフトをはじめ、子供の帰宅、外出状況を携帯に知らせるメール配信ソフト、災害時に事前に登録したメールアドレスにメールを配信する安否確認ソフトなどを開発。スマートテレビ上で動く「デジタルフォトフレーム」の商品化が評価され、今春「熊本市ものづくり大賞」を受賞するなどの実績を持つ。 (徳山)
週刊経済:2012年7月24日発行 No.1682

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから