KIS ソフト紹介サイトの立ち上げも予定" /> KIS ソフト紹介サイトの立ち上げも予定 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

4月にスマートテレビ向け自社開発ソフトを発売 
 KIS ソフト紹介サイトの立ち上げも予定

熊本市幸田1丁目のソリューション開発・KIS(野田正昭社長)は、4月から自社開発のスマートテレビ向けアプリケーションソフトを発売する。
デジタルフォトフレームタイプのソフトで、インターネット環境対応のテレビ向けに開発したもの。デジタルカメラ、あるいはカメラ付携帯電話で撮影した画像を、ネット環境を介してテレビ画面に映し出すアプリケーションソフト。同社では、NTTが昨年末に発売したテレビ用ネット視聴システム「ブラウザボックス」のソフトを開発した実績を持つ。スマートテレビとは、インターネットの視聴を主とする次世代型テレビのこと。同社では、世界で数億台が普及しているテレビが、ネット端末として今後活用が広がることをにらみ、同様のソフト開発を積極的に進めていきたい考え。同社ではソフト発売に伴い、テレビ向けアプリケーションソフトを紹介するサイトも同時期に立ち上げる予定。 (徳山)
週刊経済:2011年3月22日発行 No.1615

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから