トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

校長に長谷川勉九大名誉教授が就任
 熊本高等専門学校 宮川英明前校長は退職

熊本高等専門学校(八代キャンパス・八代市平山新町、熊本キャンパス・合志市須屋)の校長に、4月1日付で長谷川勉・九州大学名誉教授が就任した。宮川英明校長は退職した。
長谷川勉(はせがわ・つとむ)校長は1950(昭和25)年2月18日生まれの63歳。東京都出身。東京都立両国高校―東京工業大学工学部卒業。73年工業技術院電子技術総合研究所通商産業技官。92年九州大学工学部教授。工学博士で専門分野は人工知能ロボットに関する研究。同大では「大学院システム情報科学研究院実世界ロボティクス講座」を担当し、生活支援ロボットの実現に取り組んだ。また、日本ロボット学会理事、電子情報通信学会九州支部長、福岡県ロボット産業振興会議副会長などを歴任。趣味は囲碁、旅行。
長谷川校長は「当校ではロボット研究をやりたい学生も多いと聞いているので、気運が高まれば自身の研究などを教えられたらと考えている。そのほか、グローバル化に合わせた人材育成、学生や先生方が研究に取り組みやすい体制づくり、企業との共同研究などをサポートするなど研究レベルを向上させ、当校を大きく盛り上げていきたい」と話している。 (堀)
週刊経済:2013年5月21日発行 No.1724

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから