トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

地域産業資源活用事業にくまもと創健など
 九州経済産業局 九州で10件

九州経済産業局は12月15日、地域産業資源活用事業計画として鰍ュまもと創健(人吉市)と豊永酒造(球磨郡湯前町)の事業など10件を認定した。
各地域の強みである農林水産物や鉱工業品およびその生産技術、観光資源といった地域資源を活用して新商品開発などを行う中小企業を支援するもの。事業認定を受けた企業は専門家によるアドバイスなどのほか、試作品開発や販路開拓に対する補助、設備投資減税、中小企業信用保険法の特例、政府系金融機関の低利融資による支援を受けることができる。
くまもと創健が認定を受けた事業は「キクラゲ還元レトルト加工食品の開発および販売」で、支援機関は熊本県中小企業団体中央会。消費期限が短い生キクラゲを独自の還元レトルト加工技術によって過熱殺菌時の酸化反応を抑え、ビタミンなどの機能性成分の破壊を防止するなど、成分的な高品質化と長期保存が可能なレトルト商品を開発し、販売するもの。キクラゲの生産ノウハウについては、潟Wェイ・エム・シー(熊本市)から技術支援を受けるほか、還元レトルト加工については居報科学研究所(人吉市)と連携する。同社では「この事業を通して、国内では希少な食材でもあるキクラゲを一般の消費者を含めて、多くの人たちに広めていきたい」と話している。
豊永酒造の事業は「球磨焼酎の魅力を引き出すため球磨地方の米・水・造りにこだわったアルコール度数19度の米焼酎の開発と新しい飲酒スタイルの提供」。球磨地方で作った米と球磨の地下水だけを使用、常圧蒸留で古酒とブレンドし、ろ過の回数を減らした製法により甘みやコク、まろやかさを持った19度のストレート飲用酒を製造。年間を通しておいしく飲むための容器などで新しい飲酒スタイルを提供するという。 (佐藤奈、熊谷)
週刊経済:2008年12月23日発行 No.1505

関連記事

powered by weblio


タイトル 発行
100人が参加しチャリティーゴルフ大会  熊本中央ロータリークラブ 収益金10万円を寄付 2010年11月9日発行 No.1597
水前寺5丁目に適合高齢者専用賃貸住宅を建設  瑞恭会 来年4月にオープン予定 2010年11月2日発行 No.1596
社長に澤村奈古取締役が昇格  肥後木村組 衛藤社長は退任 2010年11月2日発行 No.1596
佐土原2丁目に食料雑貨店やレストランなどを建設  アップライフ イベントスペースなども整備 2010年11月2日発行 No.1596
長嶺西3丁目にグループ・ケアホームを建設  ライン工房 来年4月オープン予定 2010年11月2日発行 No.1596
鶴屋百貨店が設立60周年  11年2月の設立・創業周年企業 くまもと経済調べ 2010年11月2日発行 No.1596
月額0・13%、賞与0・2カ月の減額を勧告  熊本市人事委 平均8万7千円の減少 2010年11月2日発行 No.1596
新市街に飲食店をオープン  M.G.C 店名は「レタしゃぶ屋熊本店」 2010年11月2日発行 No.1596
中間期の連結業績予想を上方修正  ふくおかFG 熊本ファミ銀単体も 2010年11月2日発行 No.1596
武蔵ヶ丘4丁目にPHS1号店をオープン  ハイコム ウィルコムプラザ光の森武蔵 2010年11月2日発行 No.1596
熊本の経済を知るなら 月刊誌「くまもと経済」

「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,931円/年間購読:19,500円

購読のお申込みはこちらから