トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

航空便利用くまもとブランド開発事業の第1便が出荷
 県農商工連携推進協、ANAなど 8月20日に

熊本県農商工連携推進協議会は、「航空便利用くまもとブランド開発事業」として、航空便を利用し、県産品を首都圏に出荷するための取り組みを実施しており、8月20日に熊本空港から第1便を出荷した。
県内の農林水産関係団体、商工関係団体、熊本県などで構成する熊本県農商工連携推進協議会が鰍`NA総合研究所、ANAロジステックサービス梶A全日本空輸褐F本支店と共催で実施。航空便を利用した県産品ブランドの首都圏普及を目的に商談会などを開催するなどの事業を進めていたもの。8月20日には、阿蘇くまもと空港貨物ビルで第1便の出発式があり、11時発のANA644便で県産品が出荷された。
荷主および主な商品は、活「蘇デリシャスの高校生のコメロンパン、活「蘇バイオテックの阿蘇霊山アガリスク、泣CーコムジャパンのJA阿蘇生キャラメル、褐F本菓房の阿蘇小国ジャージーカスタードケーキ、県経済連の花卉、虚x喜製麺所の太平燕、兜ス家屋のにしめ万十、去Rのいぶきの山吹色のジャージー牛乳、汲vinWinくまもとの野菜。 (安田)
週刊経済:2009年8月25日発行 No.1538

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから