トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー賞優秀受賞・・・・アネシス

 住宅建築工事、宅地分譲の潟Aネシス(熊本市東区長嶺南8丁目、加藤龍也社長)が開発した省エネルギー性能を高めた住宅が3月8日、(一財)日本地域開発センターの「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」の優秀賞を受賞した。
 同賞は、建物躯体とエネルギー設備機器をセットとしてとらえ、トータルとして省エネルギー性に優れた住宅を表彰、省エネルギーによる環境負荷軽減と快適な住まいの実現に貢献することを目指している。今回受賞した住宅の名称は「Tino,Z(ティーノゼット)」。
 同住宅は「屋根や外壁などの外皮等面積の合計値を減らすことで外皮平均熱貫流率(遮熱性)を高め、YKKのAPW330≠標準仕様にすることで、さらに高断熱にし、家全体の省エネの実現を図った」という。また、「各種設備も省エネルギー性能に優れたものを採用し、省エネ性を評価するBELS評価制度でも最高ランクの『五ツ星』を獲得出来る」と話している。
 同社は1994(平成6)年7月7日設立。資本金は3千万円。従業員数は145人。熊本市東区長嶺南の本社のほか、水前寺、新外、尾ノ上、平成、光の森の5支店と福岡支社があり、グループ企業は2社。また県内各地の総合住宅展示場に4棟のモデルハウスを出展している。事業内容は、注文住宅の建築工事の請負(設計・施工)、分譲住宅の販売、戸建住宅・マンションのリフォーム・リノベーション、不動産の売買、不動産利用に関する企画・設計・商品開発・木造住宅の設計・施工・販売など。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年5月30日発行 No.444

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから