トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ビジネスサポートセンターが完成・・・・宇城市

 宇城市(守田憲史市長)が同市小川町江頭に地域ビジネスの開発やベンチャー企業の誘致を図る拠点施設として整備を進めていた「宇城市ビジネスサポートセンター」が3月8日に完成した。
 「地域の稼ぐ力を高め良質な雇用を創出する」ことを目標に創業支援などに取り組む中で、地域や学生の起業・創業に向けた会議での活用やベンチャー企業の誘致などを目的に、専用の施設を整備したもの。場所は、同町の国道3号沿い、JA熊本うき小川町支所東側、地域福祉センター用地内。2万3849uの総敷地に、老人福祉センター、屋内運動場、弓道場、講堂などの施設があり、熊本地震で被災した講堂を解体し新施設を建設した。ビジネスセンターは鉄骨造り平屋建て(建築面積235u)、施設内には起業・創業などのコミュニティビジネスの創出に向けた会議や個人事業者からベンチャー企業まで多岐に利用できる「多目的ホール」のほか、企業のサテライトオフィスなどとして活用できる「オフィススペース」、試験的に運営できる「コンテナハウス」やマルシェ・イベントが開催できる「イベント広場」を併設している。
 総事業費は1億400万円(拠点整備交付金4900万円、一般財源5500万円)。4月から供用を開始。同施設の管理、利用、使用料は多目的ホールのコワーキングスペースが1人1時間100円、オフィスルームが1カ月5万円。コンテナハウスが1カ月1万円〜2万円。イベント広場が1 日3 千円。多目的ホール全館を貸切る場合は1時間当たり1500円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年5月30日発行 No.444

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから