トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

環境省「第1回ESGファイナンスアワード」で銀賞・・・・九州FG

 九州フィナンシャルグループ(九州FG、熊本市中央区練兵町、笠原慶久社長)は2月26日、環境省が創設した「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の融資部門で銀賞を受賞した。
 環境や社会課題を考慮して投資する「ESG投資」「ESG金融」の重要性に対する社会的認識が高まっている。環境省では、ESG投資・金融に積極的に取り組む金融機関や諸団体、環境サステナブル経営に取り組む企業を評価・表彰し、その内容をESG金融や環境サステナブル経営に取り組む多くの関係者と共有することを目的に、昨年10月「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」を創設。2月26日に、@投資家、A融資、B金融サービス、Cボンド、D環境サステナブル企業の5部門で第1回受賞者を決定、表彰した。
 融資部門の受賞は、〈金賞〉三井住友信託銀行、〈銀賞〉九州フィナンシャルグループ、滋賀銀行、日本政策投資銀行、〈銅賞〉伊予銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行。
 九州FGの選定理由は、「サステナビリティ宣言」や環境要素を含む投融資に関する指針を策定し、ESG投融資の目標設定や体制構築を実施していること。また、再生可能エネルギーや地域資源を活用した農業・観光業向け融資など、ESG関連の投融資を多数実施しており、包括的なESG金融に関する取り組みを他の地域金融機関に先駆けて実施している点が高く評価された。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから