トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「ひとみなの家」で15回目のグッドデザイン賞受賞・・・・新産住拓

 新産住拓梶i熊本市南区近見8丁目、小山英文社長)は、住まいが家族と地域の人たちとの交流を育む場となるよう志向した「ひとみなの家」で2020年度のグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞した。同社の同賞受賞は、2010年度の第1回受賞から通算15作品目で、地場住宅会社では最多。
 受賞作は、熊本市北区の一般顧客の住宅で、木造軸組構造平屋建て、敷地面積454u、床面積129u。「ひとみな(人皆)」とは「みんな」の意で、昔の農家の「縁側」のように自然に近隣住人との触れ合い、コミュニケーションを生む地域のコモンスペース的な空間(インナーテラス)を庭に面して設けている。企画設計部の20〜30歳代の若手部員が担当した。
 審査委員会では「住宅を街の財産と考え、地域をどう良くしていくかという発想で住宅を作ることは意義深い。昔の農家の縁側は、さりげなく地域の人が寄って話ができる場だった。現代の住宅にはそうした場がなく、コミュニティも希薄になっている。積極的にそういった場を設けることで、地域のコミュニティを復活させようとしている」と評価された。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年11月30日発行 No.474

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから