トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

八代事業所のトマト選果ラインを入れ替え・・・・フレッシュダイレクト

 農産物の商品開発、選果業務の潟tレッシュダイレクト(熊本市西区田崎町、亀山剛社長)は、八代事業所(八代市千丁町古閑出)にあるトマト・ミニトマトの選果ラインを入れ替え、11月中旬から稼働を始めた。
 選果ラインが老朽化していたため入れ替えたもので、一日あたりの処理能力は最大10トンから20トンに倍増する。総投資額は4千万円。同事業所は2003年開設。敷地面積は約9千uで選果したトマトやミニトマトを市場に流通させる県南の事業拠点になっている。
 同社は青果卸小売鞄。本物産(熊本市西区田崎町、藤本泰弘社長)のグループ子会社で2001年設立。八代市ほか、西原村、合志市に事業所を持つ。売上高は約15億円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年1月29日発行 No.476

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから