トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

田迎5丁目に本社移転・・・・ネオホーム

 一戸建て住宅建築、不動産売買・仲介・賃貸の潟lオホーム(田中太一郎社長)は、8月11日付で熊本市中央区水前寺2丁目から同市南区田迎5丁目に本社を移転した。
 場所は通称・平成けやき通り沿いにある学習塾・早稲田スクール田迎校の南東側。敷地面積525u、建築面積193u。社屋は同社が展開している木造平屋住宅ブランド「F−LINE」(エフ・ライン)仕様。社員同士の情報交換・共有がしやすい職場環境をつくるためフリーアドレスデスクを採用。受付のほか、応接用スペース3ブースなどを設けている。ガルバリウム鋼板のシルバーの色調と木目のデザインを施した外観が特徴。手狭になったため移転したもので、新社屋の約150m北東側にある平成けやき通り展示場との行き来が容易なことから、来店客対応の効率化など利便性の向上も図っている。駐車場は同展示場(4台)と合わせ14台を収容する。
 田中社長は「社屋移転を機に、社員が働きやすい環境を整えた。新型コロナウイルス感染の予防的措置として、お客さまが密にならないよう、展示場モデルハウスの接客ブースと新社屋の応接スペースを有効活用するなど、顧客サービスの向上にもつなげたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年10月30日発行 No.485

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから