ホテルニューオータニ熊本 糖尿病予防など配慮" /> ホテルニューオータニ熊本 糖尿病予防など配慮 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

低カロリーの外食メニューの販売を開始
 ホテルニューオータニ熊本 糖尿病予防など配慮

ホテルニューオータニ熊本(熊本市西区春日1丁目、落合和彦総支配人)は11月8日から健康に配慮した外食メニュー「くまもとブルーサークルメニュー」の販売を開始した。
同月14日の世界糖尿病デーに合わせて同ホテル内の各レストランで提供を開始。1食あたりのカロリーは600キログラム以下で、塩分も3グラム以下。糖尿病予防啓発のシンボルマーク「ブルーサークル」を使用。メニューは、日本料理「千羽鶴」で「海・山の幸 肥後野菜を使ったヘルシー御膳」(3150円)、鉄板焼「りんどう」で「低カロリー鉄板焼き」(3675円)、レストラン「四季」で「熊本うまかもん御膳」(2100円)。各コースとも2日前の予約が必要。
同ホテルは「食事制限が必要な方でも召し上がっていただける低カロリーでヘルシーなメニューを楽しんでもらいたい」と話している。
(宇治野)
週刊経済:2012年11月27日発行 No.1700

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから