岩田コーポレーション 八代産のショウガを使用" /> 岩田コーポレーション 八代産のショウガを使用 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

新商品「生姜紅茶」を発売
 岩田コーポレーション 八代産のショウガを使用

菓子製造業の岩田コーポレーション(熊本市和泉町、岩田英志社長)はこのほど、新商品「生姜紅茶」を発売した。
世界3大紅茶の産地であるスリランカ・セイロン産の紅茶と、八代市(旧東陽村)産のショウガを使用。無農薬・有機栽培のオーガニック紅茶だという。ティーバッグで、1・5gの20包入り。価格は850円。
同社は「ショウガは冷え対策・風邪対策としても見直されている。ショウガの成分を紅茶で手軽に摂取できるので、これからの季節にもぴったり」と話している。 (作田)
週刊経済:2009年9月29日発行 No.1542

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから