熊本トヨタ自動車梶@九州内ディーラー初" /> 熊本トヨタ自動車梶@九州内ディーラー初 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

本店ショールームに自動体外式除細動器を設置
 熊本トヨタ自動車梶@九州内ディーラー初

熊本トヨタ自動車梶i熊本市日吉2丁目、與縄義昭社長)はこのほど、同社本店ショールーム内に自動体外式除細動器(AED)を設置した。全国でも新車ディーラーでの設置は珍しく、九州内ディーラーでは初。
AEDは、突然心臓停止した疾病者に対し電気ショックを与え、心臓本来の働きを戻すことを試みる医療器具。顧客や社員などによる疾病者の発生に備え導入した。昨年9月には社員6人が県内ディーラー初となる「応急手当普及員認定証」を取得し、AED使用などの技術を身に付けた。
同社は「社会貢献活動として救命措置の普及を訴求するとともに、顧客や社員に救命措置への関心を高めるのも狙い。今後は、東バイパス店にも導入予定で、AEDを通じて救命措置に対する地域への積極的な社会貢献活動を展開する」と話している。 (奥村)
週刊経済:2007年4月24日発行 No.1423

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから