トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

リーディング育成企業にスリーダイン
 県 サブ・リーディング育成企業に2社

熊本県は12月20日、樹脂加工・半導体洗浄装置製造の潟Xリーダイン(八代市郡築三番町、萩平浩二社長)を成長可能性が高い「リーディング育成企業」として認定した。
事業活動による年間付加価値額が1億円以上10億円未満で、成長性が高い事業計画を有している県内中小企業者を「リーディング育成企業」として認定、10億円以上の付加価値額を生み出す「リーディング企業」へと育成するもの。リーディング育成企業に対しては、県や産業支援機関などがサポートチームを結成。助成や支援措置の優先配分、技術・経営・金融など各種課題の解決支援、国のプロジェクトや補助金などの情報提供や獲得へ向けた協力などを行う。
併せて、おおむね年間付加価値額1億円未満の企業2社についても「サブ・リーディング育成企業」として認定しており、関係機関に窓口を設置し育成支援を行う。
今回認定したリーディング育成企業およびサブ・リーディング育成企業とその成長計画のテーマは次の通り。
【リーディング育成企業】▽潟Xリーダイン(八代市)/蓄光手摺りの開発・販売、樹脂製品と異種材料販売による販路拡大、洗浄をキーワードとした展開による自動機器販売、OEM組立供給体制の強化
【サブ・リーディング育成企業】▽且瘰V(荒尾市)/洋食にも合うペースト状の海苔の開発および主要製品の改良、販売強化などによる競争力および経営力の強化▽潟xルクミート(菊池市)/コクと甘みのある豚(梅山豚や中ヨークシャー種など)を自社飼育し、精肉販売とその豚肉を原料としたハム・ソーセージなどの製品開発および販路開拓
(佐藤奈)
週刊経済:2013年1月8日発行 No.1705

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから