トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

新市街の映画館をリニューアルオープン
 三和文化企業梶@貸ホールとしても利用

熊本市新市街の三和文化企業梶i窪寺洋一社長)は3月4日、同地の映画館・Denkikanと熊本松竹1、2をリニューアルオープンした。
同社が鰹シ竹シネマエンタープライズ(東京都)から熊本松竹1、2の営業を引き継いだことを機にリニューアルしたもの。改装したのは同地のデンキカンビル2階、3階、5階。フロア構成は2階がチケット販売受付、カフェスペース、Denkikanシアター。3階、5階は松竹系列の映画を上映する熊本松竹1、2シアター。熊本松竹1、2シアターは席数が210席だったものを140席に減らし、イスもゆったり座れるサイズのものに変更した。またスクリーンと客席の間にステージスペースを設け、イベントも行うことができる。今後はイベントホールとして貸し出すほか、同社主催のイベントも定期的に行っていく。
田中保支配人は「Denkikanと熊本松竹1、2の連帯が一層深まったことにより、お客さまにいろいろなサービスが提供できると思う。映画ファンに喜んでもらえる劇場にしていきたい」と話している。 (河津)

週刊経済:2006年3月14日発行 No.1368

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから