トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

下硯川町にカフェと焙煎工場を併設した事務所を新築・・・・ナチュラルコーヒー

 コーヒー輸入・販売の潟iチュラルコーヒー(熊本市北区下硯川町、清田史和社長)は同地にカフェと焙煎工場を併設した事務所を新築、4月27日にオープンした。
 同社は昨年、同市釜尾町に移転を計画していたが、入居予定のテナントビルが熊本地震で被災したため、元の事務所敷地内に焙煎工場とカフェを併設した新事務所を建設していた。木造平屋建てで、延べ床面積は78・4u。事務所スペース及び通販向け商品の作業スペースが19・8uで、焙煎工場兼倉庫が31・4u、カフェスペースは厨房とテラスまで含め61・2uで、席数は20席。駐車場スペースは約20台。カフェではコーヒーのほかスリランカカレーも提供、店内ではスリランカの紅茶や民芸品なども販売している。
 同社は、ブラジル産などのコーヒーの卸と、個人向けのコーヒー豆の通販が事業の柱。加えて、2004年からスリランカのキャンディー県やヌワラエリヤ県などでスリランカコーヒー復活プロジェクトを実施、スリランカ政府やJICAとともに同国中央部のコーヒー植栽適地などに約180万本のコーヒー苗の配布を続けてきた。同国内では現在「kafoga(カフォガ)コーヒー」のブランド名で販売されている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年5月30日発行 No.432

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから