トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「山鹿ニューグランドホテル」の経営権を取得・・・・東京都のワールドリゾートオペレーション

 ホテル・旅館再生事業の潟潤[ルドリゾートオペレーション(東京都新宿区、田村佳克社長)は、山鹿市宗方通の「山鹿ニューグランドホテル」の経営権を取得。3月1日、「ゆとりろ山鹿」としてリブランドオープンした。
 場所は菊池川沿岸の宗方八幡宮向かい側。昨年9月に山鹿ニューグランドホテル梶i吉川幸子社長)から経営権を取得した。敷地面積5287u内の鉄筋コンクリート造り6階建て、延べ床面積5194uの館の内装、外装を一新。新たに地酒をメーンに提供する焼酎バーや、マシュマロをその場で焼いて食べられる囲炉裏(いろり)、卓球・ビリヤード場などを設けており、いずれもSNSを意識し、ウェブ上に写真をアップした際に見栄えがよくなるようデザイン・レイアウトにこだわったという。レストランではメニューを見直し、県産あか牛やブランド牛を使ったハンバーグをメーンとした創作会席を提供。女性をターゲットに据え、温泉では美容に効果があると期待される泉質を広くPRしたいとしている。客室数は44室で、18・2uの和室が33部屋、32・8u の和室が5 部屋、33・5uの和洋室が4部屋、30・6uの露天風呂付きが2部屋。料金は一泊素泊まりで5750円から(2名1室利用時の1名料金)。
 ワールドリゾートオペレーションでは「山鹿ニューグランドホテルのサービスを受け継ぎながら『ゆとりろ』ブランドの独自性を発揮することで、地元のお客さまに新しい山鹿の楽しみ方を提案し、また全国から熊本への観光誘致にもつなげたい」としている。
 同社は東証一部上場企業の潟潟鴻Oループ100%出資子会社として2009年設立。リゾートホテル、旅館などの再生、集客支援を全国30カ所で展開しており、開業アウトソーシングやリニューアルプランニングなども手掛ける。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年4月27日発行 No.443

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから