トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

出水1丁目にオルタナティブスクールを開校・・・・WING SCHOOL

 (一社)WING SCHOOL(熊本市北区龍田4丁目、古川寛子代表理事、田上善浩学校長)は4月8日、同市中央区出水1丁目にフリースクールを開校した。同日、同市北区龍田4丁目の龍田の森体育館で開校式と入学式を行った。
 同スクールはオルタナティブスクールと呼ばれ、学校としては認可されていないが児童・生徒が選択できる新しいスタイルの「もう一つの学校」。小学1年〜中学3年生までを4クラス(1クラス12〜16名)で編成、今年入校するのは全学年合わせて52人。校舎は、水前寺東濱屋西側で古賀歯科医院東隣。同スクールの開校趣旨に賛同したカレーハウスCoCo壱番屋の創業者・宗次徳二氏が所有する私邸を借り受け改装した2階建て鉄筋コンクリート造りで、延べ床面積は268u。1階が低学年教室、給食室、職員室など、2階が中・高学年教室、中学生の教室を備える。熊本市内の小中学校を退職した教師5人を含む男女7人が教科を担当。午前中が教科学習、午後は児童や生徒の興味に応じたプロジェクト型授業を行うのが特徴。授業料は入学金が10万円で、年間授業料は60万円(その他給食費、施設費など必要)。同スクールの児童や生徒は地域の小中学校に籍を置いたまま同スクールに通うことになるが、同スクールでは将来、学校法人化を視野に入れており、そうした課題の解消を図る方針。
 同スクールでは@自分の興味関心に合わせてプロジェクト型学習に取り組み、スクールの枠を超え、その道の達人と繋がり体験し、体験を通して役に立つスキルやメンタルを身につけるA使える英語力を身に付けさせ、将来どの分野に進んでも、必要なときに海外旅行やビジネスで英語を使える英語力を身に付けさせるB国語・数学・理科・社会など、教科の学習は「智恵」をつけるための学習活動とするC道徳の授業では、偉人の人生に学ぶなどのほか、自然遊びや芸術体験を通して豊かな感性を育み、自然食給食や食育などを通して味覚や健康的なライフスタイルについても学ばせたい、としている。
 田上善浩学校長は「水・土・光・風、適度な環境が整えば、野菜は栄養豊かに本来の育ちをする。同じように、適切な教育空間の中では、子ども達は自分らしく輝き、幸せな未来を築く力をつけていく。そのような教育環境で育ち輝きだした子ども達は、各分野で活躍しプロジェクトリーダーとして幸せ空間を広げ、ステキな世界を築く原動力となっていく。すべての教室でそのような教育環境が整い、すべての子ども達が自分の天才性を発揮できるように、その理想への一歩を熊本からスタートさせ、そして全国へ広めていきたい」と話している。
 同スクールの役員は次の通り。▼学校長 田上善浩▼代表理事 古川寛子▼特別顧問 栗谷利夫▼理事 元田暁輝▼相談役 下田敬誠
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年5月30日発行 No.444

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから