トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

中心市街地の空室面積は約2万8240u・・・・鑑定ソリュート熊本調べ

 不動産鑑定・評価の滑モ定ソリュート熊本(熊本市中央区城東町、麻生田栄壽社長)がまとめた2019年度同市中心市街地の空き店舗・事務所調査で、空室面積は前年比13・1%増の約2万8240uだった。
 同社が今年4月から5月頃にかけて熊本市内中心部における店舗や事務所などテナントの空室状況を調査したもの。この調査は2006年から実施(16年のみ熊本地震により中止)しているもので、今年で13回目。今年度はテナント募集をしている約220棟がデータの対象となった。空室面積は昨年の約2万4961uから前年比約13%増加。また今年度の空室物件の平均賃料(1階、1uあたり)は4056円で同1・47%上回った。
 麻生田社長は「昨年はリーマンショック前の最低空室面積に近づいたが、本年は増加に転じた。要因としては、熊本地震後の建て替えなどにより、テナント等の供給が増えたが、それに見合う需要がなく結果として増加した。ただ過去の最大空室時に比較すれば低い水準。空地は前年と比較して減少し、建物の新築や駐車場への移行が進んでいる」と説明。今後の動向については「9月の桜町再開発ビル開業による影響や、熊本地震後の中心街のビル建設の継続などの動向が注目される」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年10月30日発行 No.461

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから