トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

防草材の販売・施工事業を本格始動・・・・アイ・エヌ・ジー

 除草事業や太陽光発電システム設置・コンサルタント、エクステリア工事などを手掛ける(同)アイ・エヌ・ジー(熊本市北区八景水谷4丁目、野本哲郎社長)は、防草材「草なしくん」の販売・施工事業を本格始動する。
 雑草問題解消に対する需要の高まりを受け、高齢世帯や太陽光発電施設設置者などへの販売を強化する。同製品は、防草資材メーカー・グランドパートナー梶i同地、同社長)が生産しており、海水を精製して抽出した酸化マグネシウムが主原料。瓦のチップや真砂土(まさど)と混ぜ合わせ地面に3〜5pの厚さで敷き、雑草の3大養分である窒素・リン・カリウムなどを不溶化、草への栄養供給を遮断するもの。施工価格は、敷地の状態や広さ、形状などにもよるが、1u当たり約4500円から。施工状況を見ることができる展示場を同市北区清水岩倉2丁目に設置している。販売力強化のためスタッフ2人を募集しており、営業社員6人体制で販路を拡大する方針。2020年にも玉名、宇城、久留米エリアに営業拠点を設置する計画。
 野本社長は「当商品は、人や環境に優しい自然素材で、地面の下層部の養分供給を妨げないため、樹木などの生育にも影響を与えない点が特長。宅地から公園などの広大な敷地に至るまで、防草材を施工することで雑草問題の解決につなげたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年12月27日発行 No.463

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから