トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「サクラマチ」正月三が日は約23万4千人が来館・・・・九州産交ランドマーク

 九州産交ランドマーク梶i熊本市中央区桜町、渡邊晋司社長)は、9月のオープン後、初の年末年始を迎えたサクラマチクマモトの来館者が元日から3日間の累計で約23万4千人を超えたと発表した。
 元旦初日の営業は15分前倒しして午前9時45分からオープンした。正月三が日では、特に施設周辺、熊本市中心市街地での営業がスタートした2日、3日の両日が、平時の週末よりも多い来館があった。初売りでは50店舗以上が用意した福袋をはじめ、アパレル店舗を中心に展開するクリアランスセール、さらに、年始からの限定商品販売、くじ引き・キャンペーンなど特別企画を実施。複合型℃{設としての特性を年始の企画として試みた。9月14日のグランドオープンから1月3日までの累計では約650万人の来館を記録している。
 同社では「今後もサクラマチ クマモトは、モノ(ショッピング)・コト(リアル体験)・エン(ご縁・つながり)を創造し続け、県内外からお越しになる皆さまが、訪れるたびに新鮮な感動を持ち帰りいただける唯一無二の複合施設を目指していきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年3月2日発行 No.465

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから