トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

福岡の新栄住宅に株式を100%譲渡・・・・シンエイ

 内装工事などの泣Vンエイ(熊本市東区石原3丁目、岡村英寿社長)は2月10日、不動産業の新栄住宅梶i福岡市中央区大名2丁目、木庭律明社長)と発行株式100%を譲渡する契約を締結した。シンエイは新栄住宅を中核とする新栄グループの傘下に入る。
 事業継続や業績向上が目的。新栄住宅の木庭社長がシンエイの代表権のある会長に、新栄住宅の近藤雅之常務がシンエイの専務に就いた。岡村社長は引き続き代表権を持つ。
 シンエイは1990(平成2)年3月6日、八代市で伸栄興業汲ニして設立。資本金は700万円。2007年熊本市に支店を開設、17年現在地に本社を移転。内装工事、塗装、防水工事業を手掛け、従業員数は34人。
 岡村社長は「当社の業績向上と継続には大きな資本グループの参加に入る以外に道はないと考えた。熊本で事業を拡大している新栄グループの各事業と当社の事業は相乗効果を発揮すると期待している」と話している。
 新栄住宅は1970(昭和45)年2月設立。資本金は9600万円。分譲マンション「アンピールマンション」の販売や、不動産、住宅の流通・仲介、ビル賃貸管理事業などを行う。従業員数は23人。また新栄グループは新栄住宅など7社からなるグループで、シンエイが加わったことで8社となった。
 木庭社長は「内装、防水工事などを得意とするシンエイが傘下となることで熊本都市圏での事業拡大を進め、グループ間におけるストックビジネスの強化、安定な収益の確保に努めたい」と話した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから