トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

経常利益と純利益がともに過去最高・・・・RKKメディアプランニング

 鰍qKKメディアプランニング(熊本市中央区山崎町、有働祥三社長)の2020年3月期決算は、経常利益が5956万円(前期比約90倍)、当期純利益は4020万円(同約450倍)で同社史上最高益を記録した。売上高は前期比26・7%増の12億3029万円で、2006年度に次ぐ過去2番目。
 県内で開催された国際スポーツ大会・ラグビーワールドカップや女子ハンドボール世界選手権関係の受注が反映。ライブビューイングなどでも使われたLEDビジョン事業も好調で、大幅な増益となった。21年3月期は20年度の反動や新型コロナウイルス感染拡大によるイベント自粛などの影響で減収減益を見込んでいる。  

企画制作本部を新設

 また同社は4月1日、従来の管理本部と営業本部に加え、各事業の業務拡大強化を図る目的で「企画制作本部」を新設した。主に制作やLEDビジョン事業などに携わる。
 本部長人事は以下の通り。
 ▼統括本部長(管理本部長)糀本和也▼企画制作本部長(営業本部長)村上稔▼管理本部長(管理副本部長)高浜誠▼営業本部長(営業副本部長)川村健治
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年7月30日発行 No.470

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから