トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

段山本町に校舎を新築移転・・・・熊本YMCA学園

 ㈻熊本YMCA学園(熊本市中央区新町1丁目、岡成也理事長)は、同区段山本町に新校舎を建設移転する。5月12日に着工した。来年2月末の完成を目指す。
 現校舎の老朽化に加え、熊本地震の教訓を踏まえ建物の構造を強化することなどが目的。また同区帯山2丁目の東部校舎を統合。留学生、日本人の交流促進や教育の機能拡充を図る。オープンは来年4月。場所は熊本市電段山町電停前の済生会熊本病院跡地。敷地面積約3千u。建築面積は1200uで、鉄骨造り5階建て。延べ床面積は約3900u。1階はエントランスと40台収容の駐車場。2階が事務室、ラウンジ、教室。3階から5階は教室で、3階には200人収容のホールを設ける。敷地内には防災井戸を設置するなど、災害時の1次的な避難所としての活用も想定している。
 同学園は医療秘書科、健康スポーツ科、こども保育科、建築科、ホテル観光科の専門学校5学科のほか、通信制2学科、留学生対象のグローバルコミュニケーション学科と日本語科があり、学生数は約440人。
 神保勝己学校法人統括本部長は「安心安全な環境で多様な価値に触れ、海外との繋がりを感じながら学びを深める機会を提供するともに、防災拠点としての機能も合わせ持った施設として、地域貢献できるよう努めていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年7月30日発行 No.470

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから