トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

防草剤のロゴを施したラッピング車両運行開始・・・・アイ・エヌ・ジー

 除草事業や太陽光発電システム設置・コンサルタント、エクステリア工事などを手掛ける(同)アイ・エヌ・ジー(熊本市北区八景水谷4丁目、野本哲郎社長)は8月1日、防草剤「草なしくん」のロゴマークを施したラッピング車両の運行を開始した。
 雑草問題解消に対する需要の高まりを受け、昨年10月に同防草剤の施工事業を本格始動しており、商品の知名度向上を図る狙い。ラッピング車両は、スズキ・キャリイとダイハツ・ハイゼットトラック、マツダ・ボンゴトラックの3台で、左右のドアに商品のロゴマークと、雑草を退治するキャラクターの姿などをデザインしたラッピングを施している。作業現場への防草資材運びや、施工現場で除去した草などの廃棄物を運搬するため、県内を中心にラッピング車両を運行している。
 同防草剤は、海水を精製して抽出した酸化マグネシウムを主原料に、防草資材メーカー・グランドパートナー梶i同地、同社長)が生産しているもの。高齢世帯や太陽光発電施設設置者などへの販売を強化している。
 野本大貴専務は「一般住宅や会社の事務所など、『草なしくん』の施工実績は500件を超えるまでになった。商品の知名度をさらに上げ、施工エリアの拡大を図りたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年10月30日発行 No.473

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから