トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

SDGs私募債発行で県ひとり親家庭福祉協に寄付・・・・ネオホーム

 一戸建て住宅建築、不動産売買・仲介・賃貸の潟lオホーム(熊本市南区田迎5丁目、田中太一郎社長)は6月30日、肥後銀行(同市中央区練兵町、笠原慶久頭取)の「ひぎんSDGs私募債」発行にあたり(社福)熊本県ひとり親家庭福祉協議会(同市東区錦ヶ丘)に10万円を寄付した。
 同私募債は、SDGsに取り組む顧客を金融面で支援し、顧客と同行が一体となりSDGsに基づく地域課題の解決を目指すことを目的としている。私募債を発行した顧客が指定する寄付先に発行額の0・2%相当額を同行が寄付するもので、同社が同協議会を寄付先に指定した。今回の私募債は同日付で起債し、発行額は5千万円、期間は5年。同社は調達資金を建築・不動産事業の運転資金に充てる。
 同社は2016年8月に設立し創業。資本金は2千万円。同市中央区出水や同市南区田迎などにモデルハウスを設置し住宅建築・販売を手掛けるほか、福岡や鹿児島でのFC事業も展開している。20年7月期の売上高は12億3600万円、経常利益は1億300万円、従業員は14人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年9月30日発行 No.484

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから