トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

10月31日から熊本=伊丹線を増便・・・・日本航空

 日本航空梶i東京都品川区、赤坂祐二社長)は10月31日から、熊本空港(阿蘇くまもと空港)=大阪(伊丹)線を2便(1往復)増便した。
 増便したのは午前7時45分熊本発→伊丹行(同8時50分着)および、午後7時25分伊丹発→熊本行(同8時40分着)の2便。これにより熊本=伊丹線は4往復から5往復となった。また、増便した機体にはエンブラエル190(E90)を採用。席数は普通席の80席と、同社の展開するビジネスクラス級のシート「クラスJ」が15席の合計95席。座席にはユニバーサルパソコン電源があり、また機内では個人のスマートフォンやタブレットで無料ビデオプログラムサービスが利用できる。
 今回の増便について柴本幸生日本航空熊本支店長は「国内線の利用は全国的に大幅に減少しており、収益性の改善のために路線ごとの再検証を行う中で、ビジネス・観光ともに流動の多い熊本=大阪間を結ぶ当路線を利用いただきやすいダイヤで増便した」と説明。また、増便する機体の特徴について「日帰りも十分可能なダイヤで、好評いただいているクラスJも設定。充実した機内エンターテイメントやユニバーサル電源も装備した機材での運航で、熊本のお客さまに満足いただけると思う」と話した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年11月30日発行 No.486

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから