トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

三輪EVトライクを開発し販売開始・・・・井原商事

 二輪車販売、不動産事業の活芟エ商事(八代市本町3丁目、井原宏明社長)は三輪電動(EV)トライクを開発し、販売を開始した。
 同社では経済産業省のものづくり補助金を活用し、北九州市の鰍dVモーターズ・ジャパンと連携し開発。八代市による支援や事業マッチングと販路拡大などで大熊本証券鰍ェ支援する。商品名は「HINOKUNI.EV」。屋根付きの三輪トライクで全長は2・1mから。満充電から100km航続できる大容量バッテリーと定格出力4kWのモーターを搭載し、エンジン車の排気量換算で500ccクラスに相当するという。最大速度は時速50km(1600Lコンテナモデルは時速45kmまで)。バックモニター、衝突防止センサー、左右の転倒防止など安全性能にもこだわった。荷台のコンテナは450L、1600L、205L保温・保冷機能付きの3タイプ。価格は105万6千円(税込)から。
 井原社長は「今後のEV需要を見据えて開発に着手した。狭い道でも走行でき、ランニングコストも安いのが特徴。災害地での予備電源としても活用してほしい」と話している。
 同社は1964年創業、資本金は500万円、二輪車販売、不動産事業、海外人材紹介事業などを手掛ける。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年1月30日発行 No.488

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから