トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

2棟の動物医療センタービル建設に着手
 竜之介 完成は9月予定

竜之介動物病院、九州動物学院など運営の蒲ウ之介(熊本市中央区本荘6丁目、徳田竜之介社長)は12月中旬、本荘6丁目の「竜之介動物医療センタービル」の建設に着手した。完成は9月予定。
通称産業道路沿い九電工熊本支店東側。敷地面積1165u内に、鉄骨造り6階建てのビルとその南側に鉄骨造り5階建てのビルを建設する。両建物の延べ床面積は4147uで以前の建物の約10倍となる。6階建ての建物は、1・2階が同病院、3・4・5階が同学院、6階がセミナーなどに利用する多目的室。また5階建ての建物は、1階が駐車場、2階が同病院、3・4・5階がペット可の賃貸住宅(全28戸)。両建物2階を通路でつなぎ、2階にはペットホテル、ペットフードショップ、トリミングルーム、ドッグカフェなどが入居する。
12月13日、同地で開いた地鎮祭で徳田社長は「立派な建物を建てるのが目的ではなく、世界一の動物病院をつくることが目的。竜之介動物医療センタービル新築工事の目的を今一度全員で確認し工事を行ってほしい」とあいさつした。 (加藤)
週刊経済:2013年1月8日発行 No.1705

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから