トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

水前寺2丁目に本社移転・・・・ホームステージ

 マンション分譲、一戸建て住宅企画・販売を手掛ける潟zームステージ(田邉勝宣社長)は7月6日、本社を熊本市中央区水道町から同市中央区水前寺2丁目に移転し営業を開始した。
 場所はJR水前寺駅南東側にあるローソン熊本水前寺二丁目店の約100m東側で、水前寺胃腸科外科の筋向かい。3月に独立行政法人住宅金融支援機構の旧・南九州支店の建物と土地を購入し、建物の改装工事などを進めていた。敷地面積約1300u、鉄筋コンクリート造り一部4階建て、延べ床面積は約1500u。1階は受付と商談スペース、業務管理部事務所などで、今後新たに分譲マンションを建設する際のモデルルームとしてのスペースも確保している。2階は営業管理部事務所や役員室、会議室など。3階には、関連の潟zームパートナーズ(坂井將一社長、建物総合管理業)と潟lオホーム(田中太一郎社長、一戸建て住宅販売)が入居し、商談スペースや会議室などを設けている。駐車場は約25台を収容。
 田邉社長は「当社は、総合不動産業のワンストップソリューションカンパニーを目指している。本社移転を機に、グループ会社との連携体制をさらに強化したい」と話している。
 同社は、2010年9月に設立し創業。資本金は5千万円。宮崎市船塚1丁目に宮崎支店を設置している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年9月29日発行 No.436

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから