トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

JSファーム、パスート24などに計3億円投資・・・・肥後銀行

 肥後銀行(熊本市中央区練兵町、甲斐隆博頭取)は6月30日、九州フィナンシャルグループの鹿児島銀行(鹿児島市金生町、上村基宏頭取)などと共同出資する熊本地震復興支援関連など3ファンドで、県内企業3社に対し合計3億円を投資した。
 内訳は肥後銀行、鹿児島銀行、日本政策投資銀行などが共同出資する「くまもと復興応援ファンド」(熊本復興応援投資事業有限責任組合)が、肉用馬の肥育・加工・販売を手掛けるJSファーム梶i熊本市南区城南町、鈴木田和行社長)に、期日一括融資で1億5千万円。
 両行と(独法)中小企業基盤整備機構などが共同出資する「くまもと未来創生ファンド」(熊本未来創生投資事業有限責任組合)が、駐車場や駐輪場運営・管理の潟pスート24(同市中央区中央街、太田康隆社長)に、期日一括融資で1億円。
 2015年10月の九州フィナンシャルグループ設立に合わせ、両行とゆうちょ銀行などが共同出資で設立した「KFG地域企業応援ファンド」(KFG地域企業応援投資事業有限責任組合)が、一般貨物運送・引越業のひろせ梱包運輸梶i同市南区流通団地2丁目、廣瀬哲生社長)に、同じく期日一括融資で5千万円。
 

復興応援ファンド、ダイケンに1億2千万円投資

 同行が、鹿児島銀行、日本政策投資銀行などと共同出資する「くまもと復興応援ファンド」(熊本復興応援投資事業有限責任組合)は7月14日、印刷業、広告代理店業の潟_イケン(合志市須屋、松茂信吾社長)に1億2千万円を投資した。
 投資形態は資本性ローンで、ダイケンでは震災復旧費や運転資金に充てる。
 同ファンドは熊本地震で被災した企業の復旧・復興支援を目的に2016年7月、肥後銀行、鹿児島銀行、日本政策投資銀行、肥銀キャピタル、HSK&Dパートナーズの共同出資で設立。総額100億円で運用期間は10年。
 

マッチングサービスのリンカーズと業務提携

 同行は8月1日、マッチングサービスを運営するリンカーズ梶i本社・東京、前田佳宏社長)と業務提携、地域のものづくり企業に大手メーカーなどの発注情報などをWEB上で提供する同社のサービス「Linkers(リンカーズ)」の紹介業務を開始した。
 リンカーズは、受注拡大を目指す地域のものづくり企業と、発注先を充実させたい大手メーカーなどをWEB上で結ぶマッチングサービス。受注側は自社の持つ技術力や生産力をアピールでき、大手メーカーなどにアプローチしやすくなる。
 同行では地場製造業などのものづくり系企業にリンカーズを紹介、希望する企業はリンカーズのデータベースに会社情報や得意とする業務などを登録( 所要時間数分程度)。同社は登録情報を基に、部品発注や技術探索の依頼を受けている大手メーカーなど数百社に配信する。登録料や受注時のマージンなどは発生しない完全無料制。マッチング選定で外れた場合には、同案件へのエントリー企業数や発注側のコメントなどの選考過程を記したレポートを登録企業に送付する。
 

九州初、移動店舗車「ハモニカー」2台を導入

 同行は、移動店舗車「HarmoniCar(ハモニカー)」2台を導入する。運用開始は10月中旬の予定。移動店舗車の導入は九州地区の金融機関では同行が初めて。
 顧客利便性の向上と災害発生時のBCP(事業継続計画)対応強化を目指して導入する。平常時は店舗の少ない地域やイベント会場など店舗外での金融サービスを提供する。災害発生時には緊急対応車両として、ATMでの現金供給や車載発電機による電源供給など、被災者支援機能も持つ。車名は「Harmony」(調和)と「Car」(車)を組み合わせた造語。
 車両は5トントラックを改造し、ATM、銀行窓口機能を備える。取扱業務は、新規口座開設、現金引き出し、預け入れ、振り込みなどの預金取引や各種ローンの相談など。
 また、発電機、AED(自動体外式除細動器)、自動昇降リフト、災害関連情報などを伝えられるデジタルサイネージ(車外ディスプレイ)も装備、被災地支援機能も持たせる。
 現在、健診車などの製作を手掛ける地場特装車メーカーの潟Cズミ車体製作所(菊池郡大津町、國武幸弘社長)で2台を製作中で、9月中旬の完成、運用開始は10月中旬を予定している。投資額は非公表。
 同行では熊本地震前から移動店舗車の導入構想は持っていたが具体化していなかった。地震発生によるBCP強化、地域支援機能強化の観点から同車の必要性を改めて認識、導入に向け急ピッチで準備を進めてきた。
 運用形態は現在検討中だが、1台は同行店舗の少ない宇城市三角地区(戸馳小学校跡地、松合代理店跡地など)の巡回を予定している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年9月29日発行 No.436

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから