トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「生物毒素・抗毒素共同研究講座」を開設・・・・熊保大と化血研

 ㈻法人銀杏学園 熊本保健科学大学(熊本市北区和泉町、竹屋元裕学長)と一般財団法人化学及血清療法研究所(=化血研・熊本市中央区花畑町、木下統晴理事長)は10月1日付けで、同大学内に「生物毒素・抗毒素共同研究講座」を開設した。
 共同研究講座では、抗毒素製剤の新規品質管理手法の開発研究、ウマ抗毒素製剤に代わりうるヒト型抗体製剤の基礎的研究、蛇毒培養細胞からの蛇毒供給手法開発研究等を研究テーマとした生物学的製剤に関する研究を進め、広く公衆衛生改善への貢献を目指す。
 同大学では、同講座開設で、新規研究部門の開拓と研究成果の公表、高度な研究能力・品質管理能力を有する人材の育成、産学連携などの推進を見込んでおり、研究費総額は1億円で5年間の研究活動を予定している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年11月29日発行 No.462

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから