トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

復興応援ファンドから1億5千万円の融資受ける・・・・エル・シー・フード

 飲食業の潟Gル・シー・フード(熊本市東区榎町、内田良二社長)は2月2日、熊本復興応援投資事業有限責任組合(くまもと復興応援ファンド)から1億5千万円の融資を受けた。
 同ファンドは、肥後銀行、鹿児島銀行、日本政策投資銀行、肥銀キャピタル、HSK&Dパートナーズが共同で設立・出資し、熊本地震で被害を受けた企業の復旧・復興を支援することを目的として、融資、資本性ローンなどの投資を行っている。エル・シー・フードは、「居酒屋花・華」を県内で11店舗と、熊本高遊原カントリークラブ(益城町)内にあるレストランを運営しているが、熊本地震によって居酒屋8店舗とレストランで被害が発生。居酒屋は4月25日に全店で、レストランは6月から再開。従業員120人の雇用は継続し合計12店舗を維持しているが、地震後の郊外店でのアルコール消費の落ち込みなどで売り上げが減少。今回の融資を活用して毎月の返済資金に充て、借入金を減少させ、コスト削減や収益増の対策を継続していくことで、収益体質へと改善を図る。投資形態は期日一括融資。
 同社は「飲食業への同ファンドからの融資は初めてと聞き、会社の将来性も期待した上での応援資金だと感じている。これからが本当の試練なので、期待に応えるためにも頑張りたい。昨年から毎週月曜の定休日導入や営業時間を以前より2時間短縮したことで労働環境も改善している。創業11年目を迎え、新たなスタートを切りたい」と話している。
 同社は2006年5月創業、07年9月設立。資本金は900万円。

_くまもと経済 業界NAVI_:2017年3月30日発行 No.430

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから