トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

学院長に河野文夫・元熊本医療センター院長・・・・九州中央リハビリテーション学院

 (学)立志学園 九州中央リハビリテーション学院(熊本市中央区本山3丁目)の第3代学院長に、4月1日付で河野文夫・元国立病院機構熊本医療センター院長が就任した。児玉公道学院長は名誉学院長に就いた。
 河野文夫(かわの・ふみお)学院長は熊本市出身。1948(昭和23)年11月3日生まれ、68歳。熊本高校―東京医科大学医学部卒。73年熊本大学医学部付属病院研修医、84年熊本大学医学部第2内科講師、86年米国ミネソタ大学臨床腫瘍学部門留学(CD Bloomfield教授)、89年国立熊本病院内科医長、93年同臨床研究部長、2004年国立病院機構熊本医療センター特命副院長(臨床研究部長併任)、08年同副院長、12年同院長を務めた。医学博士。日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会指導医・専門医なども務める。趣味は読書、スポーツ観戦。
 河野学院長は「リハビリテーション、看護、介護の中心的役割を担える優秀な人材を育成し、社会に送り出す。そのために学生の皆さんが医療を取り巻くさまざまな環境を十分に理解・自覚し、誇りをもって仕事に就けるようサポートしたい」と抱負を語った。九州中央リハビリテーション学院は2006年4月に開学。現在、理学療法学科、作業療法学科、看護学科、介護福祉学科の4学科があり、開学以来の卒業生は1100人を超える。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年5月30日発行 No.432

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから