トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

学校敷地内に新男子寮が完成・・・・熊本マリスト学園

 学校法人熊本マリスト学園(熊本市東区健軍2丁目、源島真一郎理事長)が同校敷地内に建設していた新男子寮「小崎寮」が3月3日に完成した。総工費は約3億5千万円。
 寮の老朽化に伴い新築したもの。場所は同校敷地の南東側で、既存校舎の一部を取り壊し、鉄筋コンクリート造り5階建て、延べ床面積約1800uの寮を新たに建設した。1階は300人が収容可能な食堂と浴室、2階から4階が自習室や寝室などで、5階はランドリールーム。収容人数は72人。新年度から同校の中学1年から高校3年までの男子生徒が入居する。旧寮は3月末から解体工事に入り、更地にした上で、駐車場として活用する。
 同校は「新しい寮内には勉強のための自習室をはじめ、安心して寮生活を送れる設備が整っている。個別学習指導も徹底させ、寮生活で志望校への現役合格をサポートしたい」と話している。同校は1961年創立。中学、高校部があり、生徒数は681人。卒業生数は9200人を超える。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年5月30日発行 No.432

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから