トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

日本医師会医学賞を受賞・・・・熊本大の荒木教授

 熊本大学大学院生命科学研究部の荒木栄一代謝内科分野教授は、今年度の日本医師会医学賞を受賞した。11月1日に東京都の日本医師会館で授賞式・受賞講演があった。
 同賞は毎年、基礎・社会・臨床の各医学分野で重要な業績を上げた3人に授与するもので、受賞の研究題目は「糖尿病病態の分子生物学的解析と新規糖尿病治療法開発への応用」。荒木教授は糖尿病の成因や病態の分子生物学的解析の先駆者で、インスリン受容体やその主要基質IRS―1の機能や発現調節機構の解明に成功したほか、ミトコンドリア由来活性酸素を介した酸化ストレスがインスリン抵抗性やインスリン分泌障害を惹起することを見出し、糖尿病の病態における糖毒性の発症機序の一部を示した。特に温熱と微弱パルス状電流の併用療法を臨床に応用し、メタボリックシンドローム該当者や肥満2型糖尿病患者の病態改善効果を証明するなどの研究成果を新規糖尿病治療法開発に結びつけた点などが高く評価されているという。
 荒木教授は1983年熊本大学医学部卒、93年同代謝内科学講座助手となり、2000年同教授に。日本糖尿病学会常務理事・九州支部支部長、糖尿病専門医試験委員会委員長、日本体質医学会常任理事など歴任。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年11月30日発行 No.438

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから