トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

取引先のBCP策定支援業務をスタート・・・・鹿児島銀行

 鹿児島銀行( 鹿児島市金生町、松山澄寛頭取)は、グループ会社で地域シンクタンクの葛繽B経済研究所(同市泉町、中元公明社長)、倉庫業、トランクルームなどを手掛ける九州共同梶i同市住吉町、日高正文社長)と連携して、取引先のBCP(事業継続計画)策定支援業務(有償)を10月21日から開始した。
 同行の営業担当者が確認した顧客のBCP策定ニーズに基づいて、九州経済研究所がソフト面の策定支援、九州共同がBCP策定過程で必要性が認められた各種防災用品や設備などハード面の支援を担当する。
 大規模自然災害の増加や家畜伝染病の広域化などBCP策定の必要性が高まっているが、帝国データバンクが昨年実施したBCP策定意識調査によれば、九州地区のBCP策定率は全国平均の14・7%を6・1ポイント下回る8・6%で全国10ブロックの中で唯一1割を切っている。県別では、宮崎が唯一1割を超えているものの、沖縄、熊本、鹿児島が全国ワースト3だった。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年12月27日発行 No.463

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから