トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

2019年度の就職決定率は94・9%・・・・熊本学園大学

 熊本学園大学(熊本市中央区大江2丁目、幸田亮一学長)の2019年度卒業者の就職決定率は94・9%(二部含む)で、前年比0・3ポイント減少した。
 卒業生数987人のうち就職希望者数が870人で、826人が決定した。県内事業所への就職者数は512人で県内就職の割合は62%で前年の57・8%から4・2ポイント増加した。学部別の就職決定率(2部除く)は、商学部が94・4%で前年比2・1ポイント減少、経済学部が96・0%と微減、外国語学部は94・4%で前年比3・3ポイント増加、社会福祉学部が94・7%で前年から微減という結果だった。求人件数は前年の5932件から6330件と増加した。
 内山昭彦就職課長は「令和元年度は特に地場金融機関の就職者が増え、近年で最高水準だった。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で合同会社説明会の中止など就職戦線は昨年までと違う形になっており、学生も不安を抱えている。学生に寄り添い、こまめなアドバイスを心掛け支援していきたい」と話している。
 主な就職先は、肥後銀行、熊本銀行、熊本第一信用金庫、熊本信用金庫、熊本中央信用金庫、熊本県信用組合、熊本県信用保証協会、リブワーク、ハイコム、ハウディ、UTホールディングス、明和不動産、あつまるホールディングス、富田薬品、熊本赤十字病院、熊本日日新聞社、日本航空、三井住友信託銀行、りそな銀行、セブン‐イレブン・ジャパン、九州旅客鉄道、日本通運、熊本県、熊本市、熊本県警察など。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年7月30日発行 No.470

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから