トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

上熊本3丁目の金剛跡地に大型ディスカウント店・・・・トライアルカンパニー

 潟gライアルホールディングス(福岡市東区多の津、永田久男社長)傘下のディスカウントストアチェーン・潟gライアルカンパニー(本社同地、石橋亮太社長)は、熊本市西区上熊本3丁目に同社の店舗で最大規模となるディスカウントストアの建設工事に着手している。完成予定は6月中旬。6月下旬のオープンを予定している。
 店舗名は「メガセンタートライアル上熊本店」。移動棚メーカーの金剛梶i田中稔彦社長)から工場跡地約2万uを賃借し、鉄骨平屋建て、店舗面積6228uの大型ディスカウントストアを建設する。商品構成は食料品、衣料、家電、住居関連品、日用品などを扱う予定で、駐車場の収容台数は359台。
 同社は「スーパーセンタートライアル」の名称で全国に261店舗展開(県内は10店舗)。売上高は4834億円(2020年3月期)。「メガ」を冠したフルライン商品構成の店舗は全国で9店(熊本では大津店に続いて2店目となる)。2018年2月に出店した「スーパーセンタートライアルアイランドシティ店」(福岡市東区)を皮切りに、新規店、既存店改装でスマートストアの展開を拡大している。スマートストアとは、独自に開発したAIカメラ、電子値札、セルフ会計システム付きのレジカード、デジタルサイネージ、AIショーケースなどを導入した新型店舗のことで、顧客利便性向上、スタッフ補充作業の軽減、欠品防止などによる店舗運営の効率化を図っている。今年中に福岡・佐賀地区の約60店舗をスマート化する計画を打ち出している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年3月30日発行 No.478

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから